雄々しい断崖絶壁と最高の夕日-東尋坊【福井】

行った日:2018/8/25
人の多さ:少な目
良さ:まぁまぁ(運が絡む)

少し日本海のほうに行ってみたいということで、福井の東尋坊へ行ってみました。

東尋坊は、その言われもさることながら自殺の名所と言われていた場所ですが、観光地として人が集まるようになってからはほとんど自殺者もいなくなったとのことです。

東尋坊は夕日が最高ということだったので、陽が沈む時間を見て夕方あたりに到着。




東尋坊タワー

しかし、真夏も真夏だったのでなかなか日が沈まない…

このときは17:00前だったのですが、まだまだ全然明るい。ひとまず東尋坊タワーの展望台に行き、日本海をパノラマビューで。

僕は瀬戸内海育ちなので、日本海の荒々しさ、そして水平線は何度見ても新鮮ですね。

しかしちょっとあんまり天気よくないな…大丈夫か?

東尋坊商店街

陽が沈むまで商店街で何か食べよう

…と思ったのですが、ほとんどのお店が17:00で店じまいという悲しい事態に。

17:00て早くない??夕日スポットだよね???

言ってもしゃーないので、とりあえずかろうじて開いていたお店にすべりこみ。名物の越前がにや牡蠣、海鮮丼といったものはほぼ売り切れで、食べたのはこのイカ焼きのみ。

うん…まぁ…おいしいんだけどね。おいしいんだけどこれならそのへんの居酒屋でも食べられるかな…

来た時期と時間が悪かったので自業自得なのですが、東尋坊で何か食べたいときは少し早めに行くことをオススメします。

イカ焼きも食べ終わったけど、日没まではもう少し時間がある。

IWABA CAFE

ということで、東尋坊の名物の一つ、「IWABA CAFE」で一服。

スタb…

いや、IWABA CAFEだね。そういうの好きですよ。

コーヒーは一風変わっているというか、オリジナルな味がして、おいしい。

日もだいぶ沈んできたころ、カフェの中から素晴らしい写真が一枚撮れました。

ロマンチックかよ!!!

青春ですねー。映画のワンシーンみたい。

カフェの中はガラス張りで、外の様子がよく見えます。

いよいよ崖へ

夕日を見ようと、人が集まってきましたね。

しかしほんとにすごいな…雄々しい。パワーを感じますね。ちからイズパワー!と大声で叫びたくなる絶景。

お?なんか既視感が…と思っていたら、よくサスペンスドラマの自白シーンで使われている場所らしいです。なんで彼らは断崖絶壁の上でわざわざ話し合うんでしょうか。

日没を待つ

日没までもういい時間になってきましたが…

やっぱりあんまり天候は回復せず、最高のロケーションとはならなかったようす。

それでも、雲と水平線の隙間から見える夕日は圧巻でした。

あー、ありゃ雨だな。。。うん、帰ろう。

帰り道のちょっとしたスリル

ちなみに海岸から駐車場までの間は「ちょっとした林の中を抜けるルート(自然学習歩道)」と「商店街の中を抜けるルート」があるんですが。。。

陽が沈んだあとの林の中、やばかったです。夜は自殺の名所だったころの東尋坊が牙を剝くんだなという寒気。真夏なのに寒かった。若干迷ったので他に人もほぼおらず、特に例の電話ボックスの不気味さはたまらなかったです。

ちょっとしたゾクゾク感を味わいたいなら自然学習歩道ルート、普通にみんなと帰りたいなら商店街ルートを通りましょう。

それでは、また。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする